お尻を小さくするための運動

   

小さいお尻にしたい

ダイエット経験のある方ですと、どなたも感じたことがあるかもしれませんが、部分痩せは難しいものですよね。脂肪を落としたいところに限って、なかなか落とせないのも事実ではないでしょうか。お尻もその1つかと思います。脂肪がつきやすく落としにくい部位といえるでしょう。

誰でも簡単に

小さく引き締まったお尻は誰もが憧れるものでしょう。
どのような運動をしたら、憧れのお尻になるのでしょうか。
それは、意外と簡単な運動で良いことがわかりました。
「ウォーキング」と「エアロバイク」です。
これなら普段あまり運動をされない方や、運動の初心者でも気軽に簡単に始めることができますね。
ウォーキングとエアロバイクで、お尻と太ももの筋肉が鍛えられるので、お尻だけでなく下半身全体を引き締める効果が期待できます。
またウォーキングもエアロバイクも有酸素運動なので、脂肪燃焼効果も得られ体脂肪も減少されます。

時間と頻度

では、ウォーキングやエアロバイクは1回どのくらいの時間を週何回くらいの頻度で行えばいいのでしょうか。
まず、時間ですが、30~40分くらい行いましょう。引き締め効果だけでなく、脂肪も燃焼させたいのであれば、30~40分間は運動した方が効果的です。
あまり短時間で運動を終わりにすると、脂肪燃焼されないので負担にならない範囲で上記くらいの時間は運動されることが望ましいです。
また運動の頻度についてですが、1週間に2~3回のペースが理想的です。
毎日でも問題はありませんが、週2~3回のペースが運動と休養のバランスも取れるので、
より効果的といえるからです。

効果を実感できるのは

運動を始めると気になるのが、その効果ではないでしょうか。
「痩せない」「引き締まらない」「小さくならない」など、気になることでしょう。
多くの人は、運動を始めてから2~3ヶ月くらいで「お尻が小さくなってきた」「太ももが引き締まってきた」と、それまでの効果を実感できると思います。
1カ月くらいで「効果がでない」と、運動を止めてしまう人もいるかもしれませんが、このような簡単にできる運動で筋肉を鍛えるには2~3ヶ月間はかかってしまいます。
1日30~40分のウォーキングとエアロバイクを週2~3回なので、長く続けられることでしょう。負担にならない範囲で運動を続けることで、数か月経った時に効果を実感できると思うので、気長に取り組むことをお勧めします。

 -おしりを小さくする方法

  関連記事

no image

小尻になって可愛くなろう

自分のお尻に自信を持つために 近頃流行のスリムなファッションをカッコ良く着こなすためには、ちっちゃく

no image

お尻についた皮下脂肪をスッキリさせたい

なぜお尻は大きくなるのか お尻を小さくしたいという人、多いのではないでしょうか。 筆者もその1人です

no image
凸凹タイプのお尻ニキビ跡の治療をするには?

お尻は角質が厚くなりやすいだけでなく、皮脂の分泌も多い部分です。 身体の中でも、特にニキビができやす

no image
大きなお尻から小さなお尻へ

大きなおしりで悩んでいる人に お尻が大きくていまどき流行のオシャレを楽しめないと、こっそり悩んでいる

no image
小尻になって可愛くなろう

自分のお尻に自信を持つために 近頃流行のスリムなファッションをカッコ良く着こなすためには、ちっちゃく

no image
恥ずかしいお尻のぶつぶつは”ニキビ“の可能性が1番高い

尻関係に悩みのある人は多いようです。なかなか他人に相談できない部位なので、自分だけでは?と思っている

no image
お尻のブツブツなんとかしたい

人に相談できないお尻のブツブツ お尻にニキビのようなブツブツや黒ずみ、黒ずみの上にブツブツができ痛み