凸凹タイプのお尻ニキビ跡の治療をするには?

   

お尻は角質が厚くなりやすいだけでなく、皮脂の分泌も多い部分です。
身体の中でも、特にニキビができやすい部位だと言えるでしょう。
そのため、お尻ニキビに悩まされている方は少なくありません。

さらに厄介なのが、お尻のニキビが治ったのに跡が残ってしまった場合です。
いわゆるニキビ跡の悩みになります。
もちろん、ケア次第でキレイに治るでしょう。
理想のスベスベ美尻を実現するためにも、まずはニキビ跡の原因を知ることが欠かせません。
しっかり原因を確かめて、効果的なケアを施しましょう。

ニキビ跡の種類は、次の4つがあります。

  1. 炎症タイプ
  2. 色素沈着タイプ
  3. クレータータイプ
  4. しこりタイプ

炎症タイプ

炎症タイプは、赤くなっている部分が残っているニキビ跡です。
ニキビの芯が無くなり、化膿が治まればニキビ特有の痛みはなくなります。
しかし、赤みが残っている間はまだ炎症が治まっていません。
そのた、め注意が必要です。
厳密には、ニキビ跡とは呼べない段階です。
ですが、この状態からケアを行うことで、深刻な跡になることを防ぐことができます。

色素沈着タイプ

茶色いニキビ跡は、色素沈着タイプです。
シミとよく似ていますが、できる仕組みもシミと共通している部分がほとんどです。

シミは、排泄されなかったメラニン色素の沈着によって起こります。
茶色いニキビ跡の場合も同じです。
メラニン色素は、肌を刺激から保護するために作られます。
ニキビの場合も、炎症から皮膚を守ろうと色素が作られるのです。
この時に代謝が十分ではないと、茶色い色素が沈着してしまいます。

クレータータイプ

ニキビ跡といえば、クレータータイプを想像する方も多いでしょう。
ニキビが直った後に、肌の表面が凸凹になってしまうタイプになります。
これは、ニキビの原因となるアクネ菌を倒す戦いの跡です。
倒すために生成された活性酸素や、アクネ菌の死骸などが肌に刺激として残ります。
この状態から、急いで修復しようとするために、凸凹状になってしまうのです。

しこりタイプ

クレータータイプと似ていますが、しこりタイプは炎症が繰り返し起きた際にできます。
固く盛り上がったニキビ跡になります。
擦り傷や切り傷などの跡が、盛り上がるのと同じ現象だと考えられます。
Uゾーンや、顎の下にできやすいニキビ跡がお尻にもできてしまうのです。

お尻の吹き出物

4つのタイプのうち、炎症タイプと色素沈着タイプは、自然治癒が見込めます。
クレータータイプと、しこりタイプは皮膚科などの病院で治療しなければなりません。
ニキビ跡が深刻な状態に陥る前に、皮膚科を受診するのが良いでしょう。

 -お尻のニキビ

  関連記事

no image

お尻ニキビの予防と対策

ニキビは、どうしてできるの? お尻ニキビは、古い角質が溜まりやすくできてしまいます。 他にもニキビの

no image
凸凹タイプのお尻ニキビ跡の治療をするには?

お尻は角質が厚くなりやすいだけでなく、皮脂の分泌も多い部分です。 身体の中でも、特にニキビができやす

no image
大きなお尻から小さなお尻へ

大きなおしりで悩んでいる人に お尻が大きくていまどき流行のオシャレを楽しめないと、こっそり悩んでいる

no image
小尻になって可愛くなろう

自分のお尻に自信を持つために 近頃流行のスリムなファッションをカッコ良く着こなすためには、ちっちゃく

no image
恥ずかしいお尻のぶつぶつは”ニキビ“の可能性が1番高い

尻関係に悩みのある人は多いようです。なかなか他人に相談できない部位なので、自分だけでは?と思っている

no image
お尻のブツブツなんとかしたい

人に相談できないお尻のブツブツ お尻にニキビのようなブツブツや黒ずみ、黒ずみの上にブツブツができ痛み