小尻になって可愛くなろう

   

自分のお尻に自信を持つために

近頃流行のスリムなファッションをカッコ良く着こなすためには、ちっちゃくて可愛いお尻でなければオシャレな女性は納得しません。
ショップでマネキンが履いていたのと同じデザインのパンツを選んで、ウキウキ気分で試着室で履いてみたら、自分のお尻が大きいために全然素敵に見えない!
こんなショックを受けてガッカリしてしまったという経験は、自分の体型を気にし始めた女性なら誰にでもあるんじゃないでしょうか。
やっぱりオシャレを思いっきり楽しむためには、ボンッキュッ!ボンッのメリハリがきいたボディラインでなくっちゃね。

でも、学校を卒業して社会に出ると運動やスポーツをする機会がなかなか作れませんよね、そのために腰回りにたっぷりついた余分な脂肪を解消することが難しいことが多いのも事実です。
こんな時、わざわざ遠くのスポーツクラブに出かけて行って、厳しい運動で余った脂肪を燃焼させたり、エステサロンでぐいぐい脂肪の揉み出しをしてもらわなくては、あこがれの小尻を手に入れることができないのでしょうか。
実は、そんな面倒なことをしなくても可愛い小尻を手に入れちゃう方法があるんです、しかも座ったままちょっとしたことに注意するだけで、大きかったお尻をキュッと引き締めることができるんですよ。

仕事をしている女性にピッタリの小尻ストレッチ

お仕事をしている女性が一日にどれくらいイスに座っているかを調査してみたところ、なんと毎日5時間以上もイスに座っていることが分かりました、この時間を利用して小尻を作るストレッチをやらなければもったいないと思いませんか。

そこで、イスに座りながらでもできるお尻を小さくする効果の高いストレッチをご紹介しましょう。

その1ーイスに座るときに深く腰掛けるのではなく、椅子の前に浅くお尻を乗せて「ギュッ!」と引き締めます。
この時注意して欲しいのは、お尻を引き締めるときに肛門に力を入れるのではなく、左右のお尻の筋肉を中央に寄せるつもりで引き締めるということです。
両足を揃えてイスに座りながら、太ももからお尻にかけての筋肉を総動員してギュッと力を入れましょう、実際にやってみると意外に力が入って「お尻が引き締まってる~」と小尻の効果を実感することができますよ。

その2-イスに座った状態から両足のつま先を軽く持ち上げながら、お腹の下を引っ込めてみましょう。
お尻のサイズを小さく見せるためにはウエストがきちんとくびれていることも大切です、花から空気を吸い込みながらお腹をギューッと引っ込めて、太ももから足のつま先に向けて力を入れていきましょう、このストレッチを繰り返していると引き締まった下半身を作ることができます。

その3-足を組む習慣をやめて、ムクミを解消すること。
わたしたちの体の中にある水分は、常に重力の影響で下に下に向かって降りてしまいます、普段から足を組んでイスに座る習慣がある人は、下半身の余分な水分が元に戻ろうとするリンパの流れをせき止めてしまっているので、足を組むのはできるだけ早くやめましょう。
いくらストレッチでお尻を小さくしよう頑張っていても、下半身にムクミが出ているようではその効果も半減してしまいます。

 -おしりを小さくする方法

  関連記事

no image

お尻を小さくするための運動

小さいお尻にしたい ダイエット経験のある方ですと、どなたも感じたことがあるかもしれませんが、部分痩せ

no image

お尻についた皮下脂肪をスッキリさせたい

なぜお尻は大きくなるのか お尻を小さくしたいという人、多いのではないでしょうか。 筆者もその1人です

no image
凸凹タイプのお尻ニキビ跡の治療をするには?

お尻は角質が厚くなりやすいだけでなく、皮脂の分泌も多い部分です。 身体の中でも、特にニキビができやす

no image
大きなお尻から小さなお尻へ

大きなおしりで悩んでいる人に お尻が大きくていまどき流行のオシャレを楽しめないと、こっそり悩んでいる

no image
小尻になって可愛くなろう

自分のお尻に自信を持つために 近頃流行のスリムなファッションをカッコ良く着こなすためには、ちっちゃく

no image
恥ずかしいお尻のぶつぶつは”ニキビ“の可能性が1番高い

尻関係に悩みのある人は多いようです。なかなか他人に相談できない部位なので、自分だけでは?と思っている

no image
お尻のブツブツなんとかしたい

人に相談できないお尻のブツブツ お尻にニキビのようなブツブツや黒ずみ、黒ずみの上にブツブツができ痛み