お尻ニキビの予防と対策

   

ニキビは、どうしてできるの?

お尻ニキビは、古い角質が溜まりやすくできてしまいます。
他にもニキビの原因はいくつもあります。
10代の頃ですとアクネ菌の増殖が原因という場合が多いですが、大人ニキビの場合は、
ストレスが原因になることもあります。

お尻ニキビは深刻ではない

お尻にニキビができてしまっても、多くの場合は、深刻に悩む必要はありません。
お尻に普通以上に汗をかくという人以外は、肌を清潔に保つよう日頃から気を付けていれば大丈夫です。しかし、お尻にニキビができてしまうと、椅子に座ることで当たり治るまでに時間がかかってしまうこともあり、跡が残り目立ってしまうこともあります。

お尻ニキビ予防するには、どうしたらいいの?

いったん出来てしまうと治るまでに時間がかかり、深刻ではないけれど、できれば作りたくないお尻ニキビ。ここで予防について触れていきます。
基本的なことは、お尻に限らずどこのニキビの予防にも共通することがいえます。

  • 脂分の多い偏った食事をしない。
  • 睡眠をきちんととる。
  • 肌着は通気性の良いものにする。
  • 汗をかいたら、こまめに着替えたりシャワー浴びるなどする。
  • お尻を洗った際、石鹸などが肌に残らないように、きちんと洗い流す。
  • お尻は潤いの少ない部分なので、肌荒れしやすい環境です。石鹸類は自分に合うものを使いましょう。
  • 適度な運動をしましょう。

お尻はニキビができにくい

個人差があることなので言い切れませんが、お尻は皮脂量が少ない場所なので、他の部位に比べるとニキビはできにくい部位ともいえます。そこにニキビができてしまうということは、上に挙げたようなことができていない可能性があるのかもしれません。
これは個人差があるので、規則正しい生活を送っていても、ニキビができてしまうこともあるでしょう。ただ他の部位に比べるとできにくい部位ではあるので、一度ご自身の食生活などを見直してみるのもいいですね。石鹸類は、他の場所では使えていてもお尻には合っていなかった・・・というようなことがあるかもしれません。

体を動かしましょう

運動不足によって、リンパの流れや血流が悪くなっていて、お尻にニキビができてしまうこともあります。難しいことをやらなくて大丈夫です。ストレッチや、簡単なトレーニング、ヨガなどもいいですね。無理のない範囲でいいので体を動かしてみると改善されるかもしれません。

悩まないで

あまりできにくいお尻にニキビができてしまった・・・とあまり悩まないでください。
その悩み→ストレスとなり、悪化してしまうかもしれません。
これをきっかけに生活を見直すチャンスと思ってみてはいかがでしょうか。

 -お尻のニキビ

  関連記事

no image

凸凹タイプのお尻ニキビ跡の治療をするには?

お尻は角質が厚くなりやすいだけでなく、皮脂の分泌も多い部分です。 身体の中でも、特にニキビができやす

no image
凸凹タイプのお尻ニキビ跡の治療をするには?

お尻は角質が厚くなりやすいだけでなく、皮脂の分泌も多い部分です。 身体の中でも、特にニキビができやす

no image
大きなお尻から小さなお尻へ

大きなおしりで悩んでいる人に お尻が大きくていまどき流行のオシャレを楽しめないと、こっそり悩んでいる

no image
小尻になって可愛くなろう

自分のお尻に自信を持つために 近頃流行のスリムなファッションをカッコ良く着こなすためには、ちっちゃく

no image
恥ずかしいお尻のぶつぶつは”ニキビ“の可能性が1番高い

尻関係に悩みのある人は多いようです。なかなか他人に相談できない部位なので、自分だけでは?と思っている

no image
お尻のブツブツなんとかしたい

人に相談できないお尻のブツブツ お尻にニキビのようなブツブツや黒ずみ、黒ずみの上にブツブツができ痛み