お尻の黒ずみ原因と対策

   

なかなか相談できないお尻の黒ずみ

お尻に黒ずみがあって悩んでいる人は少なくありません。
しかし、他人には相談できない内容であることから周りの人が同じことで悩んでいることに気付かないだけかもしれせん。
そんなお尻の黒ずみ、正しくケアを行うことで解消することができます。

お尻の黒ずみの原因

お尻の黒ずみができてしまう原因は、いくつかあります。
それぞれ細かく触れていきましょう。

摩擦などの刺激から

下着や洋服との摩擦や座っている時の圧力など、お尻は様々な刺激を受けます。
その刺激から色素沈着が発生してしまうのです。
締め付けのきつい下着やナイロン製の下着は、お肌にとってあまりおススメできません。
また入浴時にゴシゴシ力を入れて洗うことも注意が必要です。
これらの刺激・摩擦から発生した色素沈着はシミが深い部分にできてしまい、改善されるまでに時間がかかってしまいます。
座る時間を短くすることは生活上難しいと思います。しかし下着を天然素材のものを選ぶことは可能だと思うので、可能なことは実践したいものですね。

お肌の乾燥から

お尻は乾燥しがちです。お肌は乾燥すると守ろうとターンオーバーを早めて角質層を厚くしようとします。これを「過角化」と呼びますが、この過角化によって角質が厚くなることで、お肌がゴワゴワしたり黒ずんでしまうのです。
過角化の予防策として、保湿をきちんとすることです。また下着などからの刺激も受けないように気を付けましょう。
また過角化により、お尻が黒ずんでしまっている場合はピーリング石鹸などを使うのも効果的です。しかしピーリングを行うと、普段よりお肌が乾燥するので、保湿をしっかりしてください。

かぶれなどから

お肌がかぶれたり炎症を起こすことから色素沈着が発生し、黒ずみの原因となります。
かぶれの原因など、わかるものは除去しましょう。吹き出物などの皮膚疾患は皮膚科医を受診し、原因となる皮膚疾患の治療を行いましょう。

ホルモンバランスの乱れから

妊娠や出産、生理不順など女性ホルモンのバランスが乱れたり、変化することにより、黒ずみが発生することもあります。
妊娠・出産などのホルモンバランスの変化が原因の場合は、産後ホルモンバランスが戻れば黒ずみも自然に消えます。数か月かかりますが心配はいりません。
生理不順が原因の場合は、ホルモンバランスの乱れからかもしれないので、婦人科を受診することをお勧めします。

自分でケア・皮膚科を受診

黒ずみのケアいついてですが、まずは刺激を与えないこと。余分な角質は取り除き、しっかり保湿を行うこと。この3つのことを根気よく続けていきましょう。これで黒ずみは予防でき、軽い黒ずみでしたら解消できる効果を期待できます。
しかし、濃い色素沈着や黒ずみをすぐに解消したい場合はクリニックでの治療を受けると良いでしょう。クリニックでの治療方法は、いくつかありますので、黒ずみの状態などにより相談して安心できる治療を受けられるといいですね。

 -お尻の黒ずみ

  関連記事

no image

お尻の黒ずみとケア方法

お尻が黒ずんでいると・・・ お尻の黒ずみは簡単にいうと、摩擦や刺激を受けた結果、ザラついたり黒ずんだ

no image
凸凹タイプのお尻ニキビ跡の治療をするには?

お尻は角質が厚くなりやすいだけでなく、皮脂の分泌も多い部分です。 身体の中でも、特にニキビができやす

no image
大きなお尻から小さなお尻へ

大きなおしりで悩んでいる人に お尻が大きくていまどき流行のオシャレを楽しめないと、こっそり悩んでいる

no image
小尻になって可愛くなろう

自分のお尻に自信を持つために 近頃流行のスリムなファッションをカッコ良く着こなすためには、ちっちゃく

no image
恥ずかしいお尻のぶつぶつは”ニキビ“の可能性が1番高い

尻関係に悩みのある人は多いようです。なかなか他人に相談できない部位なので、自分だけでは?と思っている

no image
お尻のブツブツなんとかしたい

人に相談できないお尻のブツブツ お尻にニキビのようなブツブツや黒ずみ、黒ずみの上にブツブツができ痛み